SEMINAR

申込受付中

「働き方改革関連法」への実務対応セミナー

LINEで送る

「働き方改革関連法」で中小企業も経営の見直しが必至にseminar_01
「働き方改革関連法」が成立し、2019年4月から段階的にスタートしました。労務管理の大改革
時代、その対応は「待ったなし」の状況です。今回の実務対応を怠れば、大きな経営リスクに発展
する可能性があります。働き方改革関連法が実務にどのような影響があるのか、労務管理の整
備や就業規則はどのように対応すべきかなどを解説します。
【カリキュラム】
① 変わる労働法が実務に与える影響
② 残業時間の上限超過で罰則の強制力
③ 労働時間の把握を「義務化」
④ 年次有給休暇の強制付与の仕組み
⑤ 高度プロフェショナル制度
⑥ インターバル勤務制度
⑦ 月60時間を超える残業に係る割増賃金率50%
⑧ 産業医・産業保健機能の強化
⑨ 同一労働同一賃金で給与制度の見直しが不可欠

⑩どのように労務リスクに対応していくか

※カリキュラムの内容は一部変更する場合があります

 

 

開催概要

開催日時
2019年7月24日(水)
開催時間
13:30~16:30
会場
穴井りゅうじ社会保険労務士事務所 交流ラウンジ
受講料
20,000円(税込) 同一受講料で1社2名様まで参加可能(同一会社限定)
テーマ
緊急開催!今からでも間に合う!
「働き方改革関連法」への実務対応セミナー
~働き方改革時代の労務管理に向けて、今すぐやっておくべきポイント~
対象者
経営者・管理職・人事労務担当者 ※同業者・税理士・コンサルタントの方の参加はできません。
定員
12名(経営者または管理監督者を対象とした少人数制セミナー)
備考
お申込み後、空席があった場合正式に申し込みの受付をさせて頂きます。その後「参加票」と「請求書」を送付しますので、指定期日までにご入金をお願いします。
セキュリティ-マーク

穴井りゅうじ社会保険労務士事務所は
プライバシーマークを取得しています。