INFORMATION

2020.11.20

大企業と中小企業のパートナーシップの構築を更に進める(パートナーシップ構築推進会議)

令和2年11月18日、首相官邸において、「第2回 未来を拓(ひら)くパートナーシップ構築推進会議」が開催されました。

会議では、「パートナーシップ構築宣言の取組」及び「ポストコロナに向けた大企業・中小企業の生産性向上、取引条件の改善」について議論が行われました。

会議に出席した菅総理は、本日の議論を踏まえ、次のようにコメントしています。
●政労使が連携して、大企業と中小企業が共に成長していく後押しをすることが、ポストコロナに向けて経済成長を実現していく上で極めて重要。
●そのためには、各企業がイノベーションや新しい事業の展開などにより収益力を上げるとともに、価格転嫁を進めることで、事業活動による果実を適正なバランスで分配し、中小企業が収益を確保できるようにする必要がある。
●さらに、経営基盤を強化することで、中小企業が中堅企業へ成長し、海外で競争できるような企業を増やしていくことが重要。

その上で、大企業と中小企業のパートナーシップの構築を更に進め、取引の適正化を推進するとともに、現在策定中の経済対策において、中小企業の生産性向上支援について具体化するよう、各大臣に指示しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<未来を拓くパートナーシップ構築推進会議>
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202011/18partnership.html

セキュリティ-マーク

穴井りゅうじ社会保険労務士事務所は
プライバシーマークを取得しています。