宮﨑 梨絵

宮﨑 梨絵

メッセージを伝えるコンテンツの制作とプロモーションを

宮﨑 梨絵

私は広報及び財務を担当しています。広報の業務とは、穴井事務所のメッセージを伝えるコンテンツ制作を目的に、広報誌、ホームページや広告プロモーション制作など、コンタクトポイントに対応したマーケティング・ブランディング戦略を行うもので、このような広報を持つことは、穴井事務所のアピール・ポイントでもあります。広報誌制作にあたっては、年4回、「NEXUS」を発行しています。クライアント企業の人事労務に着眼した取材活動を通じて、トップリーダーの気づき、考え、行動にいつも感銘しています。「NEXUS」は、デザインと構成を徹底的にこだわり、クオリティ高い広報誌として、高い評価をいただいています。また、ホームページも穴井事務所の「らしい」をブランディングし、マガジンのような構成を意識して制作しました。ホームページは、広報が担当する大プロジェクトで、自分が広報として、どのような役割を果たすべきか、試行錯誤でしたが、所長やスタッフ、関係者のサポートもあり、穴井事務所のイメージにマッチングしたものを完成させることができました。このようなプロジェクトに一体となって取り組めることにやりがいを感じます。

宮﨑 梨絵

財務については、戦略実現に必要な財務機能を保持した強い財務基盤を意識し、具体的な財務施策の立案と実行を行っています。定期的に税理士と戦略会議を行うなかで、穴井事務所の財務的課題や検討案件が見えてくるので、これらのポイントをまとめ、所長に問題提議します。所長からは、常に経営的数字を求められますので、いつでも対応できるようリアルタイムに財務状況をアウトプットできるようスタンバイしています。財務戦略の目的は、経営戦略の実現をサポートすることだと思うので、私の役割は重要であるといいます。もちろん、プレッシャーはありますが、「財務のプロ」とも言われるように業務に邁進していくつもりです。これからも、広報として、メッセージをわかりやすく伝えるコンテンツ制作とプロモーション、財務として戦略的財務の実現に挑戦していきます。

Our Staff

セキュリティ-マーク

穴井りゅうじ社会保険労務士事務所は
プライバシーマークを取得しています。