INFORMATION

2017.08.04

大手企業の夏のボーナス 5年ぶりに減少(経団連)

経団連(日本経済団体連合会)は、平成29年8月2日、「2017年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)」を公表しました。

回答した150社の平均額は、昨夏より2.98%減の87万8,172円となり、5年ぶりの減少となりました。
業績の悪化に加え、労働組合側がベースアップ(ベア)を優先し、ボーナスの要求水準を下げたことが影響したとみられています。

業種別では、自動車が4年ぶりに100万円を下回った一方で、業績が好調な建設業では、平均で122万2,410円と最も高い金額となっています。

大手企業のボーナスの話ですが、「5年ぶりに減少」というは残念ですね。
悪い流れになる前に、また、盛り返してほしいものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

経団連:「2017年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)」
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/058.pdf

セキュリティ-マーク

穴井りゅうじ社会保険労務士事務所は
プライバシーマークを取得しています。